山の味覚

山の幸をふんだんに使った、「まる八」自慢の山の味

季節ごとに採れる山の恵に感謝しつつ、昔から伝わる郷土の味を真心込めてご提供しています。体をポカポカと温めるしし鍋や、ワラビやゼンマイなどの山菜、そして、愛情をたっぷりかけて育てられた鮎や岩魚の塩焼き。どこか懐かしく、体に優しい日本の料理を心行くまでご堪能ください。

「まる八」自慢の山の味 「まる八」自慢の山の味 「まる八」自慢の山の味 「まる八」自慢の山の味

まる八の“旨さ”の秘密

山奥にいながらにして、活きの良い魚を食べられるのは、当宿が餌や飼育環境にこだわり、丹精込めて育てられた魚を使用しているからです。調理直前まで生きている魚を使うその旨さは、一口食べれば違いがわかります。養殖が難しいとされる「幻の魚」のチョウザメなど、試行錯誤しながら育てた、まる八自慢の味をご賞味ください。

鰻

鰻の蒲焼 鰻の蒲焼

鰻の蒲焼は、まる八の看板メニューです。頭から尾まで1匹丸々焼き上げるまる八の名物料理。肝付きで焼きだし、多いときは一日100匹程捌きます。昼食メニューの鰻の長焼は、頭から尾まで匹丸々焼き上げるまる八の名物料理。皮はパリッ、中身はふんわり、箸でほろりと身が崩れる柔らかさです。秘伝のタレが旨さを引きたてる極上の味をご堪能ください。(要予約)

鮎アユ

鮎ごはん 鮎の刺し身

鮎料理といえば真っ先に思い浮かぶのは塩焼きですが、まる八では刺身や唐揚げもご賞味いただけます。また、毎年7月からは名物「鮎ごはん」が始まります。ふんわり炊かれたごはんに鮎のほぐした身がたくさん入った鮎ごはんは、鮎の旨味がたっぷり詰まった季節限定の人気の一品です。

【鮎ごはん】期間:7月~

鯉コイ

鯉の造り
鯉の造り 鯉の造り

鯉の造りは薄く造るのが美味しさのポイント。水の管理にこだわり、常に水が綺麗なので臭みが無く、身が引き締まっていて、鯉の身が持つ本来の味がします。「鯉は臭いから」と今まで敬遠していた方も、この味わいにはきっと驚かれることでしょう。ぜひお試しください。

【鯉の造り】期間:年中

猪イノシシ

しし鍋 しし鍋

まる八おすすめ、冬限定の味。寒い冬には囲炉裏を囲んで、しし鍋で身体を温めてください。やわらかくて旨味たっぷりのしし肉は「山鯨」「牡丹」とも呼ばれており、臭みもなく、噛めば噛むほど味があふれでます。愛知特有の八丁味噌をベースにした鍋をお愉しみください。

【しし鍋】期間:冬季のみ

岩魚イワナ

岩魚の刺身 岩魚の唐揚げ

冷たく清らかな水にしか生息できないことから「幻の渓流魚」と呼ばれ、なかなか口にすることができない岩魚も当宿ではご賞味いただけます。生け簀から引き揚げてすぐに調理する魚は臭みが無く、旨みが濃いのが特徴です。岩魚の造り、岩魚の塩焼き、岩魚の骨酒など、この上ない贅沢を満喫してください。

煌魚チョウザメ

煌魚の姿造り

煌魚は日本ではその卵であるキャビアの方が一般的ですが、中国では「煌魚」、西洋では古代ローマ時代から「ロイヤルフィッシュ」と呼ばれ、皇帝に献上されるほど珍重される高級魚として世界的に知られています。生後40日前後の体長5cm程の大きさから育て始め、食べられるようになるまで2年かかり、更にキャビアが取れるほどメスが育つには10年かかります。天候等の影響で稚魚がすべて死んでしまうこともあり養殖は難しい魚といわれていますが、まる八では煌魚の養殖に成功しております。
□鮫との違い
・5対の鰓孔(えらあな)が存在しない・うきぶくろがある・硬骨魚類と同じ腎臓があるため肉がアンモニア臭くなく、食べると美味しい

【煌魚の姿造り】10,000円~(8~10人) 期間:年中(冬~春が旬です)

山のさかな屋さんの異名をもつ、まる八の真骨頂でもある鮎や岩魚

熱々をほおばるから揚げや塩焼きは、表面のパリパリ感とは裏腹にやわらかい身がしっとりと、違った食感を楽しませてくれる。清流で大事に大事に育てられた魚たちは、臭みのまったくない優しい味が口の中に広がります。うす造りは、自家生産で養殖をしているまる八だからだせる新鮮さがすべての一品。直前まで目の前を泳いでいる魚を捌く。これが美味しさの秘訣です。身のぷりぷり感と甘みを実感する一品を、是非ご賞味ください。

まる八の看板メニュー うなぎの蒲焼

鰻を食べにだけ来てくださるお客様がいるほどの美味しさが自慢の「鰻の蒲焼」です。直前に絞め、開いて焼き上げる。秘伝のタレをたっぷりつけながら丁寧に焼いていく。その音、香り、煙だけでごはんが食べられそうな旨さが、鰻の蒲焼の魅力です。昼食メニューの鰻の長焼は、頭から尾まで1匹丸々焼き上げるまる八の名物料理です。肝がまた美味しい!パリパリの皮に、ふっくらと柔らかい身、誰もが虜になる逸品です。(要予約)

あったか 心まで温まるシシ鍋

しし肉の旨みあふれる一品です。猪のお肉は噛めば噛むほど旨みが口に広がり、シャキシャキの野菜やもちもちのうどんにはその旨みが流れ出た汁が染み込む。お互いがお互いの味を引き立てています。スープは愛知特有の八丁味噌をブレンドした特性味噌スープ。しし肉との相性抜群です。

隠れた人気メニュー

■茶そば
温泉玉子を上に乗せ、かき混ぜれば玉子のまったりとした美味しさと茶そばのすっきり感が混ざり合い、絶妙な味わいを醸しだします。
■手作り胡麻豆腐
手作りにこだわるまる八ならではの味。ゴマの味が濃く、なめらかな豆腐の食感がたまりません。

宿泊プラン検索

新着情報